アロマテラピー資格試験

各団体におけるアロマテラピーの定義を集めてみました

公益社団法人日本アロマ環境協会の定義 (協会サイトより)
アロマテラピーは精油を用いてホリスティックな観点から行う自然療法である。
アロマテラピーの目的は以下のとおりである。
  1. リラクセーションやリフレッシュに役立てる
  2. 美と健康を増進する
  3. 身体や精神の恒常性の維持と促進を図る
  4. 身体や精神の不調を改善し正常な健康を取り戻す
日本アロマコーディネーター協会の定義 (協会サイトより)
アロマセラピー(Aromatherapy)とは、花や樹木から抽出した香りの成分である「精油」を用いて、神経の鎮静やストレスの軽減を図り、心身の健康を保たせようとするものです。 私たちの暮らしの中の、さまざまな場面で活用することができます。
IFA(The International Federation of Aromatherapists)の定義 (協会日本語サイトより)
アロマセラピーとは、心身の健康を促進し、ストレスを軽減させ、身体の回復と再生を助ける、古代から伝わる治癒法です。世界中の文明の中で伝統的な医療法として、歴史をとおして用いられてきました。そして最近では、最も広範囲にわたる自然療法(ナチュラルセラピー)として、正統的また補足医学的なプラクティショナーによって広く受け入れられています。